Home » 北京で語学留学

新HSK6級の過去問題からツラツラと。|傾向と対策

2010年 12月 19日 コメント(0)

新HSK公式サイト新HSKの公式サイト:http://www.chinesetesting.cn/

2010年6月に行われた、新HSK6級の過去問題と公式テキストから、問題の形式、傾向と対策をご紹介したいと思います。

※ご注意※
私は受験経験が1回きり(しかもぜったい受かってない)で、一般の受験生とおなじ立場ですので、専門的な解説ではありませんのであしからず。ひとつの体験談として、これから受験を検討する方のご参考になれば幸いです。

新HSK6級(筆記試験)は3部門に分かれています。

1, 听力(聴力) 50問 約35分間 100点満点
2, 阅读(読解) 50問 45分間 100点満点
3, 书写(作文) 1問 45分間 100点満点

トータルの試験時間は約140分(個人情報記入時間を含む。)です。
正答率 60%(180点)以上で、合格となります。

それでは、各3つの問題を詳しく見ていきましょう。

北京五道口の語学学校で受けた新HSK6級の対策講座で先生にアドバイスしてもらったポイントも、思い出せる範囲で書いてみようとおもいます。

1, 听力(聴力) 50問 約35分間

聴解問題は、第一~三部分にわかれています。それぞれの問題の形式は以下の通り。

听力 【第一部分】 合計 15 問
第1-15题:「请选出与所听内容一致的一项。」

【なんちゃって解説】
1つの問題につき、約80文字、25秒程度の短い文章を聞いて、4つの選択肢から正しいものを選びます。
問題と問題の間隔は、約15秒程度のようです。

1つの文章につき ”正しいものを1つ選ぶ” ので、短い文章が流れた後、「これはどういう意味でしょうか。」などの問題文は流れません。気をつけてくださいね。

聞きながら正解を見つけ出し、聞き終わったらすぐに解答欄に色を塗って、次の問題の選択肢に目をやる余裕が欲しいところです。

听力 【第二部分】 合計 15 問
第16-30题:「请选出正确答案。」

【なんちゃって解説】
約3分間ほどのTVのトークショーなどでの場面を想定した、取材形式の対話を聞きます。本物のニュースやテレビ番組の音声が使われていた古いほうのHSKと違って、第一部門とおなじ声優さんの声でひきつづいて録音されていますので、背景の雑音はありません。

そのあと3~5問程度の質問が流れるので、4つの選択肢から正しいものを選びます。

ここで気をつけたいのが、上記に ”3~5問程度 ” と書いた部分です。

インタビュー内容が流れる前に、

 「第16到20题是根据下面一段采访」 (第16~20題は次の取材内容から出題されます)。

といったようなアナウンスが流れます。

この、 ” 第○○到●●题 ” という部分をしっかり聞いておくことで、何問目から何問目までの選択肢をながめながらインタビュー内容を聞き取れば良いのかがわかります。

ここを聞きそびれると、どこからどこまでの選択肢を見ながら聞き取りをすれば良いのか分からなくなってしまいます。あせります。(あせりました。)要注意!!

問題の順番は、インタビュー内容で出てくる話題の順番と「だいたい」同じになっているそうなので、4つの選択肢を眺めながら聞く、正しい回答に相当するぶぶんを聞き終わったら、正解に仮チェックをつけて次の選択肢を眺める…の繰り返しをするのが「基本テクニック」のようです。(そうじゃないこともあります。)

インタビュー内容が終わった後、すぐに問題がはじまります。こちらの問題と問題の間隔は10秒程度。

問題例は
 「男人有什么建议?」
 「男的拍摄的电影有什么特点?」
 「关于男的可以知道什么?」
 「男的正在学习做那种角色?」
などの短いもので、キーワードを聞き取れればすぐに回答がみつかるものと、全体を通して理解しないと回答が選択できないものがあります。

听力 【第三部分】 合計 20 問
第31-50题:「请选出正确答案。」

【なんちゃって解説】
260文字程度、約1分程度の話を聞いたあと3、4問程度の質問が流れるので、
4つの選択肢から正しいものを選びます。

こちらも、第二部門と同じく、何問目から何問目までの選択肢を見ながら聞き取れば良いのかが要注意です。

問題例は
 「~、下列哪项正确?」
 「~的原因是什么?」
 「~多长时间?」
 「说话人对“……”是什么看法?」
 「这段话主要谈什么?」
などです。

さいごは、「听力考试现在结束」というアナウンスと共に、聴解問題はおわりますが、
私が受験したときには、その後5分間の回答記入の予備時間がありました。

でも、私の場合、読解問題で時間が足りなくなるのは明白だったので、この時間はそそくさと読解問題へ進みました。

2, 阅读(読解) 50問 45分間

読解問題は第一~第四部分に分かれています。

読解問題は、公式サイト上で模擬試験が受けられます。
【公式サイトの模擬試験ページ】http://www.chinesetesting.cn/gosimexam.do

それでは、各部門をくわしく見ていきましょう。

阅读 【第一部分】 合計 10 問
第51-60题:「请选出有语病的一项。」

【なんちゃって解説】
1つの問題につき、20~30文字程度の4つの文章の中から、間違いがあるもの(有语病)を1つ選びます。

多くは、「語法」の間違いであるか、「動詞+目的語の組み合わせ」の間違い であることが多いそうです。

単語の意味を知っているだけでは解けない、かなり難しい問題だと思います。どれも正解におもえたり、どれも間違いにおもってしまうほどで、私にとってはまだまだレベルが追いついていないのだと痛感させられる問題でした。

先生いわく、パターンがあるので、いかに多くの問題を解いたことがあるかで差が出るから、問題集などで数をこなしてテクニックをあげる必要がある問題だそうです。

阅读 【第二部分】 合計 10 問
第61-70题:「选填空。」

【なんちゃって解説】
60~120文字ほどの文章を読み、3~4箇所の空欄にあてはまる単語として正しい組み合わせの解答を4つの選択肢から1つえらびます。

基本的にはだれでも時間が足りないはずなので、ゆっくり読み込むことはできません。
先生が紹介してくれたテクニックとしては、
 確実に正しい単語を1つ、2つと確定させて正解を選び出す「確定法」と、
 確実に間違った単語を見つけ出して排除していく「排除法」で、
スピードを上げましょう。とのことでした。

至極当然な道理ではありますが、大切な基本事項ですね。
これもスピードアップのためにトレーニングが必要な問題だなと感じました。

阅读 【第三部分】 合計 10 問
第71-80题:「选填空。」

【なんちゃって解説】
第3部門では400文字程度の文章が2つ出てきます。それぞれ5箇所の空欄があり(5問)、当てはまる文章を5つの選択肢からそれぞれ選びます。

すべての選択肢を使用するので、わかるところから埋めればOK。
この問題は一部の単語がわからなくても、文脈で正解をみつけられることもあり、解き易い問題だと感じました。

阅读 【第四部門】 合計 20 問
第81-100题:「请选出正确答案。」

【なんちゃって解説】
400~700文字程度の文章が5つ出てきます。
各文章ごとに、4問ずつ問題が出るので、正しい解答を4つの選択肢から選びます。

閲読最後の難関、大量の文章をすばやく読まなくてはいけない部分です。

私の場合もうぜんぜん時間が足りません。
問題集を2度やり、本番一回も含め、毎度3つ目の文章まではなんとかいけますが、残り5分で残りの2つの文章を読むといった悲惨な状況でした。ひいい。

語彙力5000語と、速読スキルが課題です。

さいごに、閲読の時間終了と同時に、問題用紙の冊子は回収され、作文問題の資料が配布されます。
つまり、作文に入ると、もう閲読問題の見直し時間はありません

3, 书写(作文) 1問 45分間

そしていよいよ最後は作文問題です。指定単語を使った作文ではなく、「要約」作文を書く問題です。

书写 合計 1 問
第101题:「缩写。」
(1)仔细阅读下面这篇文章,时间为10分钟,阅读时不能抄写、记录。
(2)10分钟以后,监考收回阅读材料,请你将这篇文章缩写成一篇短文,时间为35分钟。
(3)标题自拟。只需复述文章内容,不需加入自己的观点。
(4)字数为400左右。
(5)请把作文直接写在答题卡上。

【なんちゃって解説】

(1)注意深く下の文章をよみなさい、時間は10分間、読みながらメモをしたり記録することはできません。
(2)10分経過したら、試験管がこの資料を回収します、この文章を縮めて短い文章に書き上げてください。時間は35分間。
(3)題名をつけてください。文章の内容をただもう一度のべるのみです、自分の観点を加える必要はありません。
(4)文字数は400字。
(5)作文は直接解答用紙に書き込んでください。

⇒タイトルを自分で考えて記入します。
⇒タイトルは、1行目の中央ぞろえで記入します。
⇒タイトルの下の行(2行目)はあけて、その下(3行目)の左2マスを空欄にして本文を書き始めます。
段落ごとにはじめの2マスは空欄にします。(日本は1マスですね。)
⇒: 「 ; ! 。 などの記号は1マスにつき1つが基本。行の頭にこないように、行の最後のマスに入れ込むことはOK。日本とおなじですね。
⇒…… と書きたいときは、1マスに黒点を3つ、これを2マス書きます。
自分の考えを書くとマイナスになります。書かれていた事実だけを書くことに集中しましょう。
⇒文字数の400文字は、題名の文字数を含みません。要注意です。

先生が教えてくれたポイントは
読み進めるときに 「文章を丸暗記しようとしてはいけない」とのことでした。ぜったい時間が足りませんもんね。

なので、読むときは だれが、どこで、いつ、なぜ、何をしたかを含め、どのようにストーリーが展開していったのかを注意しながら重要な箇所に下線を引いて、頭にいれるようにするといい、とのことでした。

採点の際には、予想ですが、
 「必要なストーリーの要素が書かれているか」
 「間違った文法、文字が無いか」
 「自分の勝手な解釈を付け加えていないか」
などをチェックされているのではないかと思われます。

作文に関しては自分一人でトレーニングしても、書き直してもらえる環境がないとなかなか上達がむずかしい気もしますが、とにかくやるしかないですよねぇ。毎度試験では中国人小学生よりもひどい作文を書いている気がします。

***************************

さてさて、解説はここまで。

問題を掲載するのが一番分かりやすいだろうなと、掲載しようか迷ったのですが、たぶん著作権?とか?よろしくなさそうなのでやめておきました。

文章の解説ばかりで、わかりにくい部分がありましたらごめんなさい。

また、これは2010年6月の過去問題の資料から記載させていただきました。
以降の試験では変更がある場合もあるとおもいます。ご了承ください。

新HSKの6級と5級

新HSKの6級と5級の公式テキスト。


公式テキストとあわせてご覧いただくとより分かりやすいと思います。

公式テキストの問題は本番より簡単な印象がありますが、
問題の形式がよくわかりますし、巻末には試験範囲の単語5000語が掲載されていますので、基本的に購入して損はないとおもいます。

ただ、漢字とピンインだけの一覧なので、今後、「新HSK6級単語集!」みたいな単語解説のある本が出版されたら、問題集はもういくつか出ていますし、とくに公式テキストはいらなくなってしまうかもしれませんね。

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価です。)
Loading ... Loading ...

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>