Home » 北京のグルメ

四合院でステキな雲南ランチどうでしょう?|大里院子

2010年 12月 21日 コメント(2)

大里院子
残り少ない北京の時間をおしみつつ、美味しそうなお店はすべて行きつくしたいなぁ、ということでやってきました。
南鑼鼓巷近くの胡同の中にある、四合院を改造したレストラン、「大里院子」。
ここのランチはおひとり100元のおまかせメニューで、雲南の味が楽しめるそうです。

前の日に予約が必要か電話したところ、
「空いているから予約しなくてもいい、2時までに来て。2時に閉店するから。」とのことでした。

ポータルサイトに10時開店とあったので、日曜のAM11時半に行った所、「12時からだよ!」といわれてしまいました…
お友達をつれて寒い中、近所のお店をブラブラ…開店5分前に行った所、新人らしき女の子が、老板が電話中で確認できないからと、まだ店内に入れてくれません…
これくらい、融通をきかせてよ!まったく!と、お友達を連れて行った分、イライラしてしまいました、お友達の皆、ごめんね。

日曜日のランチ、見事に他のお客さんがおらず、貸しきり状態に。
(夜は予約が必須らしくて、夜のほうが人気みたいです。)

スタッフの対応は人気の店とは思えぬ悪さでびっくりしましたが、「おいしければ納得してやろう」と上から目線でお料理を待ちます。
私の苛立ちをよそに、四合院づくりで雰囲気の良い店内によろこんでくれる留学生仲間たち…ちょっとほっとします。

お料理を待つ間は店内の写真をとったり、雲南といえばのプーアル茶を飲みながらおしゃべりを楽しみました。

いろんな雲南料理がドンドンでてきて、合計11品。女の子4人でたべきれない量でした。
はじめのサラダとキノコのつくだにの量の少なさに、これ4人分?足りるのか?と思ったのですが、そのあともドンドンやってきて、あまりの多さに「まだあるの?あ、まだあるの?」と、可笑しくなりました。

お味のほうは、、、ばっちり!!
ピリカラのものも多かったけど、口がひりひりしながらもついつい食べてしまう味で、お腹イッパイ、気持ちも満足!
雲南のお料理ってキノコを使った料理もあったりしてヘルシーなかんじがします。
全体的にそぼくながらも、日本人にあう味付けだと思います。

途中で白ご飯はいる?と聞かれて頼んだのですが、中国のグルメポータルサイトを読むとどうやら雲南米線もあったようです、ああ、米線たべたかったなぁ!

6人で行った方のブログを拝見したところ14品出てきたそうなので、人数が増えるほど、出てくるお料理の数も増えるのかもしれませんね。

今回の100元のランチコースのほかに、事前予約で200元や300元のメニューもあるそうです。
スタッフは最後に笑顔をみせてくれてたけど、もうちょっと態度をよくしてほしいなぁ、というのが残念なところです。

大里院子
北京市东城区鼓楼东大街小经厂胡同67号
鼓楼東大街から小经厂胡同に入って、一つ目の角を左へ。左手の1件目がお店の入り口です。
(私が行った時はこの角に「大里」と書かれた赤いちょうちんがぶらさがっていました。)

電話:010-84041430 営業時間:10:00-22:30 
(日曜11時半に行ったら、12時開店だと言われてしまいました。日曜だけお昼は12~14時のようです。行かれる前にぜひお電話で確認を。)

より大きな地図で ラブライフ北京 を表示

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価です。)
Loading ... Loading ...

2 件コメントがあります。 »

  • View :

    哇!一看照片肚子就饿了。我也想吃呀。。。。。

  • グルメガネ(小) (author) :

    >View

    那边的菜真不错!有点辣,但对你来说可能一点都不辣吧~哈哈!

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>