Home » 北京で遊ぶ

北京空港の国内線ラウンジで暇つぶし。

2010年 4月 6日 コメント(0)

北京首都国際空港から国内線で深センまで行ったのですが、その際に、国内線ラウンジを使う機会があったので、レポート。

まずは、搭乗受付カウンターから行ってみましょう。出発ホールには、スターバックスコーヒーやハーゲンダッツなど色々とお店、レストランが入っています。

次に、セキュリティチェックを受けに、国内出発と書かれている看板の方に進んでいきます。

セキュリティチェックを終えた後にも、味仙ラーメンなどもお店や売店がありました。

それにしても、T3は大きいですねぇ。
遠くの方にも、出発ゲートが広がっています。歩くと10分以上は掛かりそうなぐらい遠くに見えます。

さて、いつもであれば、搭乗ゲートに直行なのですが、今回はAir China 中国国際航空 の国内線ファーストクラス・ラウンジを使えるということで、ラウンジを試してみました。

いやぁ、ラウンジ内には、色々と軽食と飲み物が揃っています。コーヒー、ジュース、コーラにビールに、赤ワイン。お決まりのピーナッツからちっちゃいケーキ、サンドウィッチなどなど。なんか、ちょっと心が弾んでしまうのは何ででしょうか。

で、中国の空港ラウンジらしく、中国茶もありました。種類は、西湖龍井(ロンジン)、茉莉花茶(ジャスミン)、安渓鉄観音(てっかんのん)の3種類。

せっかくなんで、西湖龍井をいただきました。

あと、お茶請けにいただいたのは、乾燥ナツメ。
しつこくない甘みで、かなりの勢いで手が進んでしまいます。ナツメって、結構美味しいですね。カリカリっとした感触も良く、3回もお替りしてしまいました。(食べ過ぎ?)

乾燥ナツメを食べてるものの、お腹が結構空いてきたので、康師傅のカップラーメン 紅焼牛肉麺味を食べました。

んー、まぁ、可もなく不可もなく。

と、こんな感じでフライト出発時間までの時間を潰していました。

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価です。)
Loading ... Loading ...

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>