Home » 北京で語学留学

北京師範大学の学生寮(励耘學苑-留学生第3公寓)-その3

2010年 3月 16日 コメント(1)

北京師範大学の学生寮(励耘學苑-留学生第3公寓)-その2 からの続きです。

今回は、寮内にある設備をご紹介します。

■1フロアに2台の洗濯機、1台の乾燥機があります。

北京師範大学 留学生第3寮各フロアに一つある洗濯室。
24時間いつでも乾燥機と洗濯機がつかえます。

なかなか小奇麗です。

北京師範大学 留学生第3寮こちらは乾燥機。

北京は乾燥がすごいので、お部屋に干していてもすぐに乾きます。
なので、あまり使うことはなさそうです。

北京師範大学 留学生第3寮2台ある洗濯機。

夜9時以降になると利用者が増えます。
朝や週末にお洗濯するのがベター。

北京師範大学 留学生第3寮
「衣服の量は4分の3以上にならないようにしてね!」

衣服の入れすぎにご注意。
たくさん入れると壊れます。。。

よく2台とも壊れちゃって、よそのフロアへ行くことも…

北京師範大学 留学生第3寮
こんなかんじの、最新式とまではいきませんが、日本にもあるような普通の洗濯機です。細かい洗濯コースは選べないようになっています。

威力が強くて、服が傷みやすいのでお洗濯ネットの使用をおすすめします。
また、中国の水は硬い水で、粉の洗濯洗剤が溶けにくいようで、液体洗剤を使うのが一般的なようです。

北京師範大学 留学生第3寮料金は一回につき3元(約40円)。
だいたい私は1週間に1回くらいのお洗濯ペースです。

このヘソのようなところに、ヘラのような形の「洗濯機カード(洗衣机卡:シーイージーカァ)」を押し当てて使います。
洗濯機カードは、1階のフロントで購入できます。
初回は50元で購入(20元のデポジット+3元×10回分)して、10回使い切るごとにフロントに行って、30元で新しいカードと取り替えてもらいます。
最後にはカードを返却してデポジットの20元を返してもらいます。

■キッチンを活用して経済的に自炊もできる。

北京師範大学 留学生第3寮こちらも各フロアに1室ある、キッチン。

なかなか綺麗で、使うのも気持ちがいいキッチンです。

中国の味になれることが出来ない留学生たちが、食事時になるとみんなでワイワイお料理します。

北京師範大学 留学生第3寮IHしかないので、お鍋やフライパンを買うときは要注意。

北京師範大学 留学生第3寮水はけがイマイチなシンクまわり。

みんなけっこうキチャナク使いますが、毎日服務員が綺麗にしてくれています。みんな、綺麗に使おうね。

北京師範大学 留学生第3寮こちらは、冷蔵庫。

みんな入れたまま忘れてしまって、服務員も捨てていいかどうか分からないものもあるだろうしで、かなりキケンな様子です。

個人の各部屋にも冷蔵庫はあるので、ここはあんまり使わないほうがよさそうですねぇ。

北京師範大学 留学生第3寮キッチンの収納スペース。

たっぷりあるので、調理器具を置いておくことが可能です。が、時たまですが、了承なく留学生が借りて持っていってしまうので(きっと盗んでるんじゃないと思う)、毎回自分の部屋に持ち帰っています。

北京師範大学 留学生第3寮電子レンジもあって、助かります。

■留学生仲間で、カレーパーティーをしてみたよ!

北京師範大学 留学生第3寮安物の鍋だとすぐに焼けきって、穴が開いてしまうので、フンパツして良いお鍋を買いました(170元くらいだったかな?)
日本のカレールーを持ってきてくれてたお友達に感謝!

いろんな国の留学生のお友達に振舞うことに。

北京師範大学 留学生第3寮20皿分のカレーをつくっちゃった!

具もかなりフンパツしてお肉もたっぷり入れました。

おいしそう~!

北京師範大学 留学生第3寮できあがり~!

忙しい子におすそ分けしに行ったり、
フルーツやヨーグルトを持ちよって一緒に食べますよ。

北京師範大学 留学生第3寮いただきま~す!

自炊は体にもよさそうだし、経済的だし、みんなで楽しめるしで、ストレス発散になります!
鍋もあることだし、留学期間中にぜひともたくさん活用したいです。

こちらもどうぞ:関連していそうな記事

このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価です。)
Loading ... Loading ...

一件コメントがあります。 »

コメントをお願いします!

下記フォームからコメントできます。
あなたのサイトからトラックバックすることもできます。
このコメントをRSSで購読することが出来ます。

これらのタグを利用できます。:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>